トップページ  > 宅建協会について
宅建協会について

香川県宅地建物取引業協会

宅地建物取引業者は、国民生活にとってもっとも重要な、宅地・建物の供給や流通等を主な事業とする協会であり、特に公共性、社会性を要請されるものです。
これらの業務が適正かつ公正に運営される為には、これに関連する法制度や行政体制の整備が重要な事項となっています。
また業者自信が業務のもつ公共性、社会性を充分に自覚し、それに基づく活動に努めることが大切であると考えられます。
そこで業者が互いに協力し、努力を重ね、業界の進歩向上と健全な発展を図っていくために、自主的な組織として全国の各都道府県に宅地建物取引業協会(宅建協会)を設立し、さらに全国組織としての全国宅地建物取引業協会連合会(全宅連)を設立し、公益的な活動を行っています。
当協会は上記趣旨を基に昭和42年香川県知事の認可を得て創立、平成24年4月からは公益社団法人香川県宅地建物取引業協会として新たに生まれ変わり、より一般消費者の利益の擁護・増進をはかることを念頭に運営を行っております。


公益社団法人 香川県宅地建物取引業協会
住所:高松市松福町1丁目10番5号
TEL:087(823)2300
FAX:087(823)1212
協会外観
サイトマップお問い合わせ